「犬が怖い」も遺伝するのかな

私は物心ついたころから犬が苦手でした。

 

苦手というか噛みつかれそうで、怖い存在でした。

 

犬を見かけると、すぐさま逃げるか、隠れるか、していました。

 

学校に行かなければならないのに、犬を見かけると
引き返して、母と一緒に登校したこともありました。

 

その状態は大人になってからも続き、いまだに克服できていません。

 

全ての犬が噛んだり吠えたりするわけではないと分かってはいるのですが
どうしても恐怖を感じてしまいます。

 

ですが、子どもには私と同じようになってほしくはないので
犬が怖いそぶりを見せないようにしていました。

 

よく散歩をしている犬を見かけると
「かわいいね」なんて子どもに話していました。

 

でも、本当は近づいてこないようにと思っていました。

 

私なりに、努力はしたつもりだったのですが
子どもも犬が怖い子になってしまいました。

 

そして先日、ちょっとした事件が起こりました。

 

子どもが下校中に迷い犬と出くわしてしまってそうです。

 

「近づいてこないで」と思っていたのですが
犬は子どもの方に、近寄ってきてしまいました。

 

するとあまりの恐怖にパニックになってしまい
その近寄ってきた犬を、足で蹴飛ばしてしまったそうです。

 

犬は中型犬だったようで、子どものキックでも痛かったようで
離れていったとのことでした。

 

遊んでほしくて近寄ってきたのかもしれなのですが…
いけないことなのかもしれないのですが、叱ることもできませんでした。

 

海水浴でラブラドールと戯れる面白さ

 

とある夏の日。

 

この日は久しぶりに朝から友人と待ち合わせて近くにある海水浴場へ出掛けました。

 

この海水浴場は水も綺麗な上やって来る人の数も比較的少ない穴場中の穴場。

 

それでいて殺風景という事は無く、遠く行き交う船やプレジャーボート、その先にある島々まで眺められる展望の良いロケーションです。

 

早速水着になり、少し沖目まで泳いでボール遊びをしつつ、波間に浮かんで楽しんでいたのですが、しばらくするとこちらに向かって来る明らかに人間では無い怪しい影が・・一瞬身構えてしまったのですが、何てことは無い、他の海水浴客が一緒に連れてきた大型犬のラブラドールがこちらに泳いできたのでした。

 

どうやら私達が遊んでいる小さなボールに強い興味を抱いている様で、ミスしてちょっとボールを落とすと、すぐにそれを咥えようと必至に泳いでいきます。

 

図体が大きいにも拘らずミスマッチな可愛さが堪らず、しばし自分達のボール遊びを中断してそのラブラドールを相手に遊んでしまいました。

 

数分も泳ぎ続けると流石に疲れたのか、飼い主の呼ぶ声に反応して岸に向かって泳ぎ去ってしまいましたが、マンネリになりがちな海水浴の後半を犬によって救われるという滅多にない体験が出来、大変楽しい一日を過ごせたのです。

 

 

店の前に繋がれる犬に思う事

お店の店頭に繋がれて、主人の帰りをひたすら我慢して待ち続けている犬の姿を見ると、ついつい可愛がってあげたくなりますよね。

 

私の住むマンション街の周囲にはやたらスーパーマーケットや雑貨店が多いのですが、毎日買い物に行くと大抵の場合、入口近くの駐輪場やドアの柱近くに犬が繋がれており、主人が出てくるのを待っているものです。

 

ある時はきちんと座ったまま、またある時は完全に待ち疲れて身体を丸め寝てしまっている事もあり、各犬の性格を垣間見る事が出来ます。

 

私の犬や猫は完全に室内飼いですから、予防注射で病院に連れてゆく以外は滅多に外出させる事は無いのですが、例えストレス解消の為散歩で外に連れ出したとしても、この様な犬の姿を見れば、あまり長く1匹で待たせるのは拙いかなと思ったりもします。

 

また身体も小さく目立たない小型犬ですから、変なところに繋いでおいて、さらわれでもしたら大変ですからね。

 

つい先日もスーパーで買い物を終えて出てくると、繋がれた犬が人懐こそうにこちらを眺めているのに気付き、ついつい数分間可愛がってしまいました。

 

程なく飼い主が現れ、ひょんな事から話を聞く機会を得たのですが、元来寂しがり屋で、いつも買い物に出掛ける時は連れて行ってくれと聞かないとの事。

 

犬の性格によっては複雑な事情もあるものだと思った次第です。

 

犬の生き方をお手本に・・ “我が家の愛犬はヨークシャテリアです。

 

我が家の愛犬を見ていると、私も彼女のように生きたいと思います。

 

彼女の」金色に輝く柔らかい毛は伸びるスピードがとても速いです。

 

ブラッシングを怠ったり、トリミングまでの期間が長いとモップのようになってしまいます。

 

でも、彼女は自分の容姿など全く気にしていません。

 

私は、自分が世間からどのように思われているか気になります。

 

自分の容姿が気になるため、髪型が決まらないときや、太ってしまった時などは、なるべく人目に付かないように背中を丸め、速足で移動してしまいます。

 

彼女は、どんなに髪がボサボサでも、まん丸の可愛い視線で「私、可愛いでしょ!」と私を見つめます。

 

そんな時、自分は自分なんだと気づかされます。

 

そして私も、ありのままの自分を受け入れたいと思います。

 

彼女は、世の中の出来事を素直に受け入れることが出来ます。

 

嬉しい、悲しい、怖い、痛い、楽しい、美味しい、すべての感情を上手に表現します。

 

私は、自分にも他者にも不満を抱くことがあります。

 

後悔もします。

 

未来を予測して、やりたいことにチャレンジするのを諦めてしまいます。

 

彼女は眠っているのを邪魔されても、シッポを振って喜んでくれます。

 

食事の時はドックフードを食べる事だけに集中して、ドッグランでは走ることだけに集中しています。

 

私は、洗濯したら食器を洗って、掃除して・・・などと次の行動を考えています。

 

彼女と私は同じ時間を生きているのに、彼女は今を生きていて、私は今にいるのに次の瞬間に気持ちがいます。

 

私も、彼女のように今という時を大切にできるようになりたいです。

 

 

ジャーマンシェパードの子犬と遊んでちょっと辛い目に

珍しく私の友人にジャーマンシェパードを飼っている人がおり、最近になって生まれた子犬が野外で遊べるまでの大きさに成長したので一度見に来ないかと誘われました。

 

私自身、特別犬を飼いたいという予定も強い欲求も無かったのですが、可愛いからと言われればお邪魔しない訳にはいきません。早速その週の休日を利用し見に行ってみました。

 

友人宅の目の前にはちょうど頃合いの広場があり、漸く歯が生え始めた頃の子犬3匹を連れしばしの間遊んでみる事に。

 

確かに小熊の様にコロコロとした身体で顔立ちも幼く、可愛いに違い無かったのですが、歯が生え始めで顎が痒くて堪らないのか、事あるごとに私の腕や足に噛み付いてじゃれてくるのです。

 

最初は適当にいなしていたものの、終いにはどこに逃げてもどんどん追いかけてきて噛み付いてくる始末。

 

遊び始めてから15分程度で流石の私もギブアップし、あっけなく終了となりました。

 

良く見ると手首や手の平は彼等の噛み痕だらけ。

 

室内犬クラスの大きさなら笑って済ませられたのでしょうが、今回は調子に乗ってきつい目に遭ってしまいました。

 

ただ人懐こく従順そうな性格は流石ジャーマンシェパードと言ったところで、彼等がこれから立派な成犬になってゆくと思うと、ちょっと感慨深いものを感じました。

 

アキラは大切な家族の一員

 

我が家には、アキラという五歳になるゴールデン・レトリーバーの男の子がいます。

 

知人宅で6匹生まれた子犬の中から譲っていただいた子です。

 

体高が63cmで体重が40㎏でかなり大きい体格です。ダブルベットへ寝るとアキラ一人でイッパイイッパイです。

 

温厚で落ち着きがあり、やさしく天真爛漫な性格で家族全員と仲良くできて深い関係が築けています。

 

みんなアキラが大好きです。

 

散歩は毎日朝夕の2回で、一回が一時間ほど歩きます。

 

散歩をねだったり無駄吠えすることはありません。

 

散歩中も人に歩調を合わせて歩き、横断歩道では信号が変わるまで座って待ちます。

 

車の音やまわりの人にイライラしたり驚く事もありません。頭の良い飼いやすいワンちゃんです。

 

我が家の3歳になる長男はいたずらが盛んで、いつも、私は泣くほど叱るのです。

 

子供が部屋の隅で泣いていると、その都度アキラが傍に行き涙をなめて慰めるのです。

 

子どもはアキラに慰められて穏やかに反省ができるみたいで、アキラと一緒に私に謝りに来ます。

 

アキラの純真なまなざしを、子供が真似して二人でキラキラと私を見つめて謝るのですから、何度もいたずらしても許さないわけにはいかないのです。

 

アキラの存在はとても大きいもので大切な家族の一員です。

 

 

大型犬を連れた人にふと思う事

私の住んでいる近くの海岸線には眺めの良い長大な遊歩道が整備されていて、休日だけでなく早朝・夕方にかけても、多くの人が散歩やロードワークに訪れ思い思いのひとときを楽しんでいます。

 

私もダイエットやトレーニング目的で夕方をメインにこの遊歩道を利用するのですが、特に目に付くのが犬を連れた人。

 

特にレトリバーを始め大型犬を連れ優雅に散歩する人が多く、海岸線の風景と一体化して良い風情となっているものです。

 

中にはこういった大型犬を一度に2匹も引き連れている人もおり、道行く人の人気者となっているケースが多いのです。

 

私にとって見れば、体格にも優れない様に見える人があんな大型犬を複数連れて果たしてまともに散歩出来るのか?と不思議に思ったりする事もあるのですが、意外にもそのノウハウを弁えている様で、犬に引きずられている様な事もありません。

 

上手くなだめてコントロールしているのを見る度感心する訳です。

 

ある時それらの犬を触らせてもらった事があるのですが、いずれも素直な性格で暴れる事も無く、そういった性格だからこそ出来る技なのかと思った次第。実は私自身は猫派であり、外に連れ出す事も無い事から、散歩で犬をコントロールする気持ちを味わう事も無いのでしょうが、あそこまで従順なら大型犬との生活も悪くはないかな?とちょっと思ったりしたのでした。

 

犬が教えてくれたこと

 

以前、ぺぺという名前のマルチーズを飼っていました。

 

ぺぺはとても賢い犬で、人間の言葉はほとんど理解していました。

 

家族が楽しい話をしていると、ぺぺも目を輝かせてしっぽを振っていました。

 

家族が悲しい話をしていると、ぺぺも頭を下げて涙を流していました。

 

ぺぺは小さいので階段をのぼれませんでしたが、あるとき、2階で家族が喧嘩をしていると、1階にいたぺぺは、のぼれないはずの階段をのぼってきて喧嘩を止めにきました。

 

ぺぺは家族の間に入って、ワンワン吠えながら、必死で喧嘩を止めていました。

 

ぺぺが病気になってしまったのは、ぺぺが3歳の時でした。

 

腎不全になり、食事がまったくとれなくなり、どんどん弱っていきました。

 

最後には吐血を繰り返し、横になったまま動けなくなり、息も絶え絶えでとても苦しそうでした。そんなぺぺがかわいそうで、家族はみんなぺぺを囲んで泣いていました。

 

そうしたら、ぺぺは不思議そうな顔で家族を見回しました。

 

どうしてみんな泣いているの? 何がそんなに悲しいの? と言っているようでした。

 

そしてぺぺは、みんなで楽しい話をしているときのように瞳を輝かせ、横になったまましっぽを楽しそうにふって、もう一度ゆっくり家族の顔を見回しました。

 

死ぬことは悲しいことじゃないんだよ、とぺぺは言っているようでした。

 

それからぺぺはゆっくり目を閉じて、眠るように息を引き取りました。

 

病気になって寿命が来て死ぬことは悲しいことじゃない、それは自然な現象で、あたりまえのこととして受け入れるべきなのだと、ぺぺが教えてくれたような気がします。

 

犬の世話について日々考えさせられる出来事

これから梅雨の時期になり憂鬱な気分になりますね。

 

雨が降った時、犬の散歩はどうしていますか。

 

うちの犬はレインコートを着せるか、雨がやんでからの散歩になります。

 

家でおしっこをしないので、外に出るまで我慢をしています。

 

だから散歩に行くまで落ち着きがない状態になってしまうんです。

 

とても可哀想なんです。

 

最近は年をとってきたので、外に出すとすぐにおしっこをしてしまうんです。

 

朝も早起きで4時半位から、ばたばたと落ち着きがないんです。

 

犬の寿命が延びているので、色々な病気にかかるリスクも増えて最後まできちんと世話が出来なければ飼えません。

 

最近気付いたんですけど、雨が降った時よく店舗の屋根付き駐車場に、犬を連れている人を見かけるんです。

 

もしかして雨が降ってるから、そこで散歩?と思って見ていると、やっぱりおしっこしていました。

 

そんな人が2、3人いたんです。それもこの店舗だけではなく、朝の開店前のお店の駐車場などでも見かけた事があるんです。

 

いずれも年配の人達でしたけれど、みんなが利用する駐車場がトイレになるってどうなんでしょう?確かに雨の日の散歩も濡れずに出来るけど。

 

お店の人は知っているのかな?と疑問に思う出来事でした。

 

犬は、大切な家族です

 

しかも癒されそして何よりも飼い主に忠実な生き物ではないでしょうか、また小さな犬から大型の犬まであり性格も違ってきます。
賢い生き物であり警察犬、介護犬などに活躍しているたくさんの犬もいるくらいですので頭の良さは抜群ですね。

 

また最近ニュースにでもなった、毒蛇に噛まれながらも家族の子供を守りながら戦ったことが話題となっていました、治療を行いましたが完全には完治しなかったそうですがこのような勇気のある行動を行えるのもやはり犬ならではではないかと思います。

 

犬の社会は、やはり飼い主を頂点とするリーダー社会ですので飼い主が堂々としていないと自分より下に見てしまうそうです、強いリーダー出ないとならないのはそのためみたいです。

 

やはり飼い主を何よりも助けてそしていざというときは駆けつけるような犬こそ忠犬と言えるでしょう、このような感動を呼ぶような偉い犬は全国どこでもいますが飼い主が甘いことをしているのでいざというときは逃げ出してしまうことがあるそうです、実験で行っていました。

 

大切な家族ですのでいつまでも健康的にそして長く生きていて欲しいと思うのは誰しもおもことですね、愛犬の健康管理も注意したいですね。

 

だから、日ごろから愛犬に必要な栄養が摂れるドッグフードを与える事が大切なのかな・・・と思っていて、ドッグフードのランキングと検索して出てきたホームページから良さそうなフードを選んでいます。

 

飼い主と犬!愛犬と暮らす生活

飼い主と犬!愛犬と暮らす生活

自分の将来の小さな幸せ像を描くとするならば、そこには犬を飼っている日常をおくっていることだよ。

 

犬を見ると可愛くて仕方ないんだけどまだ飼ったことはないんだ。

 

「生き物を飼うって大変だよ」なんて人からよく聞くことがあってね。

 

たしかに大変だろうけど、それでも一度でいいから犬と一緒に暮らしてみたいな。

 

たまぁに思うんだけどさ、飼い主の前をせっせと歩く犬と、飼い主の後ろ姿をじっと見つめながら追いかける犬の違いは何だろうね?

 

おそらくしつけの違いとしか考えられないけど、犬の種類によっても忠実性は違うのかな。

 

優しそうなおばさんが犬の前を歩いてたりするし、強面な感じのおじさんを犬が引っ張りまわしたりしているのも見かける。

 

「犬は飼い主によく似る」って聞くけど、一見外では優しそうなおばさんも家の中では鬼のような形相でとんでもなく厳しいしつけをしているのかも!?と愉快な想像を膨らませてしまうね。

 

犬を抱っこして歩いている人や自転車の前かごに乗せているような人は、犬に負担をかけたくないのか?疲れさせたくないのか?と少し過保護な傾向があるのかもしれないね。

 

まったく初対面の自分に対して、吠えてくる犬の気持ちはわからないけど、飼い主さんが警戒心の強い人だからそれを守ろうとしてるのかも?なんて考える。

 

犬という動物は可愛い。いつか自分も犬と散歩したいな。

 

お散歩が大好きな我が家の愛犬

 

我が家では愛犬のポメラニアンを飼っています。

 

お散歩が大好きです。

 

リードを手にすると嬉しくて、リビングの中をぴょんぴょん跳ね回ります。

 

だから余計に首輪が付けられず、なかなか外に出られません。

 

性格はおとなしく、他の犬とも直ぐに仲良くなり、吠えられても絶対に吠え返さないお利口さんです。

 

また、食欲旺盛なので食べ過ぎない様に気を付けています。

 

椅子を伝って食卓に登ってしまうので、食べ物が置いてある時には、必ず誰かが見張っています。

 

人間が留守の時に、トイレ以外の場所でおしっこをしてしまいます。

 

リビングで飼っていて、お客様が来た時に臭いと困るので、清掃や消臭に追われ大変です。

 

昼間は家族全員が仕事に出掛けるので、一番に帰宅する私が見て回り清掃をします。それから、お散歩に連れて行きます。

 

トイレで上手に出来た時は、褒めてあげます。

 

愛犬が喜んでくれたので、調子に乗ってご褒美(おやつ)を少しだけあげたら、出ないのに足を上げておしっこしたふりをし、おやつをおねだりするようになってしまいました。これではまずいと思い、ご褒美は止めました。

 

言葉は話さなくても、顔の表情やしぐさで十分に気持ちが伝わり、私達家族の中心で生活をしているように思います。

 

癒し犬のポメラニアン

 

私の家ではポメラニアンを飼っています。

 

初めてこの子を見たのは近所の大型スーパーの中のペットショップです。

 

私は白くて丸々としたポメラニアンに一目惚れしました。

 

今まで犬を飼った経験がなく、可愛いだけで飼えない事も分かっていたので本を買ったりインターネットで色々調べ飼う事を決めました。

 

初めて家に来た時、この子は生後3ヶ月くらいです。

 

この子にとっても初めての場所で色んな所の臭いを嗅いだり少し目を離すとティシュを引っ張りだして散らかしていたりしていました。

 

初めて散歩に行った日も、散歩自体が初めて田んぼの横の溝に何度も落ち込んだり…。

 

徐々に自分の環境や周りの人間にも慣れてきて私の足の上で仰向けで寝たりボールで遊んでと言うかの様にボールを持ってきてくれたりしていました。

 

ポメラニアンって本当に癒されます。モコモコとした存在も行動が少しドジな所も。

 

自分を可愛く見せるのが得意ともペットショップの方に聞きました。

 

撫で撫でしてよ〜と私の手を何度も触ってきたり、人の足で首を撫でられるのが好きで主人の足も何度も触ってきます。

 

撫で撫でされている時は、ありがとうと言うようにペロペロ舐めてきます。

 

お昼寝する時は必ず1歳の子供の横で一緒に寝ています。

 

嫌な事があった日も落ち込んだ時もどんな時も愛犬は側に居てくれます。

 

初めて犬を飼うので私も慣れない事がたくさんあり、ビックリした事もあったりしますが
本当に癒しを与えてもらっていると感じます。

 

これからも一緒に生活をして悲しい事だけれども最期まで見届けられたらいいなあと思っています。