店の前に繋がれる犬に思う事

お店の店頭に繋がれて、主人の帰りをひたすら我慢して待ち続けている犬の姿を見ると、ついつい可愛がってあげたくなりますよね。

 

私の住むマンション街の周囲にはやたらスーパーマーケットや雑貨店が多いのですが、毎日買い物に行くと大抵の場合、入口近くの駐輪場やドアの柱近くに犬が繋がれており、主人が出てくるのを待っているものです。

 

ある時はきちんと座ったまま、またある時は完全に待ち疲れて身体を丸め寝てしまっている事もあり、各犬の性格を垣間見る事が出来ます。

 

私の犬や猫は完全に室内飼いですから、予防注射で病院に連れてゆく以外は滅多に外出させる事は無いのですが、例えストレス解消の為散歩で外に連れ出したとしても、この様な犬の姿を見れば、あまり長く1匹で待たせるのは拙いかなと思ったりもします。

 

また身体も小さく目立たない小型犬ですから、変なところに繋いでおいて、さらわれでもしたら大変ですからね。

 

つい先日もスーパーで買い物を終えて出てくると、繋がれた犬が人懐こそうにこちらを眺めているのに気付き、ついつい数分間可愛がってしまいました。

 

程なく飼い主が現れ、ひょんな事から話を聞く機会を得たのですが、元来寂しがり屋で、いつも買い物に出掛ける時は連れて行ってくれと聞かないとの事。

 

犬の性格によっては複雑な事情もあるものだと思った次第です。

 

犬の生き方をお手本に・・ “我が家の愛犬はヨークシャテリアです。

 

我が家の愛犬を見ていると、私も彼女のように生きたいと思います。

 

彼女の」金色に輝く柔らかい毛は伸びるスピードがとても速いです。

 

ブラッシングを怠ったり、トリミングまでの期間が長いとモップのようになってしまいます。

 

でも、彼女は自分の容姿など全く気にしていません。

 

私は、自分が世間からどのように思われているか気になります。

 

自分の容姿が気になるため、髪型が決まらないときや、太ってしまった時などは、なるべく人目に付かないように背中を丸め、速足で移動してしまいます。

 

彼女は、どんなに髪がボサボサでも、まん丸の可愛い視線で「私、可愛いでしょ!」と私を見つめます。

 

そんな時、自分は自分なんだと気づかされます。

 

そして私も、ありのままの自分を受け入れたいと思います。

 

彼女は、世の中の出来事を素直に受け入れることが出来ます。

 

嬉しい、悲しい、怖い、痛い、楽しい、美味しい、すべての感情を上手に表現します。

 

私は、自分にも他者にも不満を抱くことがあります。

 

後悔もします。

 

未来を予測して、やりたいことにチャレンジするのを諦めてしまいます。

 

彼女は眠っているのを邪魔されても、シッポを振って喜んでくれます。

 

食事の時はドックフードを食べる事だけに集中して、ドッグランでは走ることだけに集中しています。

 

私は、洗濯したら食器を洗って、掃除して・・・などと次の行動を考えています。

 

彼女と私は同じ時間を生きているのに、彼女は今を生きていて、私は今にいるのに次の瞬間に気持ちがいます。

 

私も、彼女のように今という時を大切にできるようになりたいです。